海外貿易・輸入・輸出のやり方を大阪の貿易会社が情報紹介します。

原産地証明書が不要の場合とは?また有効期限は?

  • HOME »
  • 関税 »
  • 原産地証明書が不要の場合とは?また有効期限は?

原産国の証明や、特恵を適用する際に欠かせないのが原産地証明書ですが、場合によっては不要になります。

① 税関長が物品の種類や形状で原産地が明らかであると認めた物品
② 課税価格の総額が20万円以下の物品(皆さんが航空郵便などで小さな貨物を送る場合など当てはまりますね!簡易税率が適用されます。)
③ 特例申告貨物の場合(税関長の承認を受けると納税申告と輸入申告を別々に行い、納税申告の前に貨物が取れる方法)

貨物を輸入する前に、税関や通関業者に原産地証明書が必要か事前確認すると安心ですね。

又、原産地証明書には有効期限があります!

輸入申告の日において発行日より1年以上経過したものは使用できません。
原産地証明書の下箇所に発行日が記載されていますので、現地から入手時に確認が必要ですね。

※原産地証明書は薄い紙なので、他の書類と一緒に誤って処分したり、失くしたりする可能性があるので取扱には十分注意してください!

PAGETOP
Copyright © 直接貿易ガイド All Rights Reserved.